• ご利用案内
  • 診療・医療相談室
  • 当病院・施設のご案内
  • 明和会医療福祉センターのご紹介

TOP > 採用について > ワーク・ライフ・バランス制度
ワーク・ライフ・バランス制度

なぜワーク・ライフ・バランス?

ワーク・ライフ・バランスのイメージ画像

時間制限があるなかでも、誠実な姿勢を持ったスタッフが気持よく働ける職場=職員全員が気持よく働ける職場という理念を共有することが大切と考えています。

当法人は、ワークライフバランスの領域について、各方面から一定の評価をいただいております。近年、医師と同様に、人員確保が深刻な課題となっている看護職において、過去10年以上、結婚・育児・介護等による離職は発生しておらず、相当数のゆとりをもった体制を維持しております。できるだけ要員にゆとりをもたせることで専門職の皆さんが、個々のアイデンティティに沿った医療を実現していただくことが当法人の願です。また、当法人は平均年齢約38歳ですが、60歳以上の職員が、元気に働き続けられる職場でもありたいと考えており、実際に相当数の職員が、その方のペースに合わせて元気に働いてくれています。

7段階の勤務

職員のライフステージに合わせて勤務形態を7段階に区分しています。

2010年度版
区分 勤務形態
STEP1 パートタイマー 週20時間以内の勤務
STEP2 短時間正職員 週30時間以上の勤務
①勤務時間短縮型:1日6時間以上
②週休3日制:所定労働時間で週4日勤務
STEP3 正職員
※所定労働時間
週38.75時間勤務
①平日日勤のみ
②早番・遅番・残業など免除
STEP4 STEP3に加えて、
①土日・祝日勤務
②早番・遅番・残業など
STEP5 STEP4に加えて、月4回以内の夜勤担当
STEP6 STEP5に加えて、
①夜勤回数の制限はなし
②夜勤曜日の限定など細かな制限
STEP7 勤務に関する制限はない

制度の利用状況

看護職の場合
利用者数 勤務する看護職のうち、ほぼ3人に1人がワーク・ライフ・バランス制度の利用者です。この人事制度が完全に定着していることは理解していただけることと思います。
成果
  • ①採用 2008年度以降、短時間正職員や日勤専従といったワーク・ライフ・バランス制度を利用した方は採用数全体の約40%にのぼります。
  • ②離職 近年は、離職者数・離職率とも低く推移しています。さらに、過去5年間以上、結婚や育児を理由とする離職はゼロで推移しています。

ページの先頭へ戻る

  • 医師採用について
  • コ・メディカルスタッフ採用について
  • ワークライフバランス制度
  • 働くドクターの声
  • 医療奨学金制度
  • 職員統計
  • 診療統計
  • 新着情報
  • よくある質問
  • お問い合わせ窓口一覧
  • 医療相談室
  • 採用について

明和会をもっと知りたい

明和会の法人案内パンフレットを閲覧

パンフレットを閲覧するためには、FLASHPLAYERバージョン7.0以上が必要です。プラグインをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。

明和会スタッフブログ

鳥取県認知症疾患医療センター