• ご利用案内
  • 診療・医療相談室
  • 当病院・施設のご案内
  • 明和会医療福祉センターのご紹介

TOP > 診療内容のご案内 > 診療について
診察について

明和会医療福祉センターでは、診療に際し、「安心・安全・良質な医療」の提供はもちろん、『こころからのケア』を大切にしています。それは、患者さまの立場に立ち、自分たちが受けたい医療が基本になっています。診療には、充実した体制で臨んでおります。

充実した診療体制

プライバシーに配慮した診察室

患者さまのプライバシーにしっかりと配慮し、診察室は中待合からも独立した個室空間になっております。外部には診察室の声が聞こえ難い構造になっていますので、安心して受診していただけます。

チーム医療・チーム看護

幅広い年齢層、様々な疾患、そして生活スタイルを持つ患者さまの治療にあたり、最終的に社会復帰をしていただくために、「チーム医療・チーム看護」を実践し、あらゆる問題への対応を行っています。

患者さま、ご家族の悩みや不安を緩和し、治療に専念できる環境づくり

精神疾患などの症状や治療の進行状況がわかり難い病気は、治療を受ける患者さまやご家族にとって、とても理解しがたく、不安が募るのは仕方のないことです。明和会医療福祉センターは、治療を受ける患者さまやご家族に正しい病識を持っていただき、少しでも安心して治療に専念できるよう十分な説明や教育を行っています。

当事者心理教育『あゆみ』

自分たちの病気や薬について正しい知識を得て、病気の再発を防止し、より良い日常生活ができるようになることを目的としています。

家族教室

患者さまのご家族に対して月1回開催しています。病気、薬、ご家族の関わり方、リハビリ、社会資源について等、各専門スタッフとともに話し合い、悩みを共有することで家族の回復、患者さまの社会参加・復帰に向けてサポートして行きます。

徹底したプライバシー保護体制

明和会医療福祉センターの各病院・施設では、病気・疾患というご本人、ご家族さまにとってとてもデリケートで、重大な情報を取り扱うため、徹底した個人情報の管理、保護の体制をとっております。理事長を筆頭に個人情報保護委員会を設け、個人情報の取扱方から現状把握、問題発生時の緊急対応について協議いたします。普段から全スタッフが意識をしっかり持ち、問題の発生を未然に防ぎ、安心して診察・治療が受けられる環境づくりをこころがけています。

個人情報保護方針

本人以外の方(ご家族)からの相談窓口の設置

プライバシー保護の観点からも、当院ではご本人様以外の診察は行っておりません。しかし、家族の様子がおかしい、本人に受診をすすめても承諾してもらえない、病気の症状ではないだろうかノなど、ご家族さまのお悩みにソーシャルワーカーがご相談にのっています。精神疾患の場合、症状が病気なのかどうか判断しにくく、見逃しがちですが、ちょっとでも気になることがあれば受診の前に気軽にご相談ください。

医療相談室

地域の医療機関と連携

地域のニーズにあった医療を継続的に、かつ質の高いサービスを提供できるように、当法人は地域の医療機関や施設と密接な連携を図っています。専門機関として、心のケアや高齢者の心身ケアおよび認知症の専門医療、また医療と福祉を統合したケアで地域の医療サービスの充実を目指します。それぞれの専門である医療機関が手を取ることで、患者さまにとってより良い医療を、地域の中で、迅速に、安全に行うことができるのです。 ウェルフェア北園渡辺病院では、特に、救急医療機関と連携し、長期療養(慢性期医療)、回復期のリハビリテーションが必要な方のケアを行っています。地域連携で、ひとりの患者さまを地域の医療機関が協力して治療するプログラムを整え、地域一体となった治療で、本当に患者さまやご家族などに立った医療、地域の人を守り、支える医療に取り組んでいます。

ページの先頭へ戻る

  • 診療内容のご案内
  • 専門外来について
  • 診療について
  • 医療相談室
  • 鳥取県認知症疾患医療センター
  • デイケア・訪問看護
  • 新着情報
  • よくある質問
  • お問い合わせ窓口一覧
  • 医療相談室
  • 採用について

明和会をもっと知りたい

明和会の法人案内パンフレットを閲覧

パンフレットを閲覧するためには、FLASHPLAYERバージョン7.0以上が必要です。プラグインをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。

明和会スタッフブログ

鳥取県認知症疾患医療センター