• ご利用案内
  • 診療・医療相談室
  • 当病院・施設のご案内
  • 明和会医療福祉センターのご紹介

TOP > グループホーム
グループホーム

  明和会グループは、医療と福祉の連携をとり、高齢者やこころの病気をお持ちの方が社会で安心して暮らせるような環境づくり、ひとりひとりにより細かな対応や支援を行える体制づくりを行っています。

その人らしく、いきいきとした人生を

  グループホームでは、専門スタッフのサポートのもとで同じような悩みや病気を持つ人が仲間同士互いに支え合い、協力しながらみんなで日々の生活を作り上げ、やりがいや喜びを実感していただいています。また、各施設では四季折々にグランドゴルフ大会やロッジを借りてのバーベキュー、お花見などのイベントやリクリエーションも企画し、彩りのある日々を楽しく過ごしています。ときに病気の悩みや不安、焦りを感じることもあるでしょう。心からリラックスし、安心できる環境、相談できる人や体制を整えることで、入居者の皆さまが、その人らしく一歩ずつ歩んでいける、そしていきいきと輝けるような場所となることを目指しています。

まるで「家族」のように温かいサポートを

  スタッフはそれぞれ専門知識を有し、利用者の日常生活のお世話から相談・助言などを行っています。
ここでは、共同生活をサポートするスタッフも「家族」の一員。個性や抱える問題の違う利用者の生活をサポートしながら、一方で入居者の皆さまにさまざまな場面で喜びや成長への刺激をいただいています。ひとりひとりとゆっくり、じっくり向きあって、関わり合いながら、それぞれが持っている個性や活力をさらに発揮し、いきいきとした笑顔が見られるよう全力でサポートしています。

地域に愛され、地域とともにサポートする温かな環境づくり

  グループホームの利用者は、社会復帰や地域社会の中で穏やかに暮らすことを目指しています。明和会は、「地域とのつながり」を大切にし、地域と協力しながら利用者を温かく支援できるように考えています。地域の方を招いてのイベントや、地域イベントへの参加などの交流を通じ、また散歩や買い物のときに出会いの中で、地域の方にご理解やご協力をいただき、温かく見守っていただいています。

社会復帰関連施設~精神障害者の専門ケア・相談・支援~

精神障害の症状が安定し、退院して社会生活に復帰することができる状態になっても、家族の受け入れが難しい、住むところがないなどの理由で入院を余儀なくされるケースがあります。社会生活に復帰することが可能な方に対して専門スタッフが指導や訓練を行いながら、仲間と一緒に自立した社会生活送るための施設です。

生活技能訓練 日常生活を行うための基本的な作業(食事、洗濯、掃除、買い物等)をスタッフがサポートしながら、利用者で行います。食事のお世話や金銭管理のアドバイスもしています。
対人関係 仲間との共同生活を通し、様々な場面で協力や配慮を行う中で、人との付き合い方を学びます。
就労援助 ひとりひとりの相談にのり、ケースや状態に合わせて作業所を紹介したり、就労のサポートを行います。
医療に関する
アドバイス
服薬指導、通院のアドバイス
サマーハウス・スプリングハウス

認知症対応型共同生活介護グループホーム ~認知症の専門ケア~

認知症の状態にあり、基準以上の要介護認定を受けている方が対象です。家庭的な生活環境の中で、介護スタッフが入浴・排泄・食事等の介護、その他の日常生活上のお世話や機能回復訓練を行います。認知症の進行を緩やかにし、健康的でいきいきとした生活ができるよう、サポートします。

日常生活のサポート 入居者の方のできる事や意欲を尊重し、調理、食事、掃除、洗濯等をお手伝いします。
入浴・排泄の援助 自立に向けた援助を行います。
さまざまなイベントや活動で充実した生活 季節の行事や地域との交流、レクリエーション活動などをさまざまに企画し、心も体もめりはりのある生活を提案します。
オータムハウス さくらはうす・つばきはうす

ページの先頭へ戻る

  • 渡辺病院
  • ウェルフェア北園渡辺病院
  • 地図・交通アクセス
  • グループホームについて
  • 施設案内
    • サマーハウス・スプリングハウス
    • オータムハウス
    • さくらはうす・つばきはうす
  • 施設見学
  • 新着情報
  • よくある質問
  • お問い合わせ窓口一覧
  • 医療相談室
  • 採用について

明和会をもっと知りたい

明和会の法人案内パンフレットを閲覧

パンフレットを閲覧するためには、FLASHPLAYERバージョン7.0以上が必要です。プラグインをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。

明和会スタッフブログ

鳥取県認知症疾患医療センター